研修医の声

沼本 諒医師

少人数体制のため様々な疾患を診ることができる
当院のプログラムの良さは、総合診療医を育てるというコンセプトの下、小児から高齢者まで様々な疾患を診られることです。研修医定数が少人数のため数多くの症例と手技を経験できると同時に、早期から在宅医療(訪問診療)も経験し、患者さんの生活背景や介護・福祉の面まで考えられるようになったことは、今後、どの分野においても役立つと思います。

沼本 諒医師
初期研修2年目
出身大学:大阪医科大学

八代 敏嗣医師

一歩先行く医療の見学に来ませんか?
当院の研修は、他職種と連携を図り、ただ病気を診るだけではなく患者の全体像を把握し、チームの中で活躍できる医師を目指したい方にはぴったりの病院であると思います。医療はもちろん、メディカルスタッフと相談して、介護保険の見直しや自宅の改修、必要であれば自宅以外の退院先を模索する等、一歩先行く医療を実践しています。

八代 敏嗣医師
初期研修2年目
出身大学:金沢医科大学

岡田 貴行医師

温かさと確実な臨床能力獲得
水島協同病院での見学と実習を通して、メディカルスタッフの皆さんが優しく丁寧に教えてくださったのが印象的でした。それは研修している今も変わらず、当院の大きな特徴だと感じています。そういう人たちに囲まれた中での研修が、いい医師になるための道を開いてくれていると感じますし、プログラムも特徴的な内科外来研修をはじめ、確実な二次救急対応能力を養うためにカリキュラムが組まれています。ぜひ一度見学にお越しください。

岡田 貴行医師
初期研修2年目
出身大学:高知大学

PageTop