水島協同病院式5大特徴

  1. 1. 内科外来研修

    指導医による完全マンツーマン指導! 多くの症例を経験でき、3年後の進路や開業医となる場合にも必須の能力が身につきます。

  2. 2. 小児科外来研修

    通年を通して子どもたちの多彩な疾患に数多く接することができます。修了時には小児のプライマリ・ケアを習得します。

  3. 3. 早期 在宅
    診療研修

    早期に地域に出向く研修を行うことで、地域の中で生活する患者を知り生活背景にまで思いを寄せる研修ができます。

  4. 4. 週1回×2年間の
    救急研修

    どのブロックをローテートしていても、週1~2回の日中救急当番を担当し、個々の能力に応じてステップアップしていきます。

  5. 5. 他職種研修+
    360度評価
    Feed Back

    1年目4月の他職種研修で研修が進めやすく、年に2回、360度評価を受けて、チーム医療のリーダーとして成長していきます。

水島協同病院式見学のすすめ

ご希望があれば最大限沿えるようプログラムを組みます

1短時間で特徴知りたい型

午前中

(可能であれば前泊し研修医との交流会を行います)
・8:30 見学スタート
研修医同行、プログラム紹介、指導医同行

・12:30 昼食
・13:30 模擬内科外来研修、救急外来研修見学

夕方

・15:30 終了
見学後に近隣をご案内します。生活がイメージできます。合わせて担当者が倉敷観光にご案内します。倉敷のよいところを感じられます。
・18:00 懇親会 美観地区にて

2患者受け持ち型(1泊2日~2泊3日コース)

午前中

・8:30 スタート
指導医と打ち合わせ
患者対応、カルテ入力(疑似カルテ)

・12:30 昼食 振り返り 方針確認
患者対応、カルテ入力(疑似カルテ)、内科外来研修体験(日によってメニューが変わります)

夕方

・18:30 懇親会
※2日目に当直体験(希望による)

3地域医療型

午前中

・9:00 病棟・外来研修同行

・12:00 診療所にてスタッフと昼食
・13:30 訪問診療同行

夕方

・16:30 指導医とふりかえり
・18:00 懇親会

奨学金について

水島協同病院では、倉敷医療生活協同組合の医療に参加する意思を持った皆さんを経済的に援助し、有意義に過ごすことを目的として奨学金制度を設けています。

奨学生活動を通じて我々の医療活動やまちづくり活動に理解を深め、将来ともに働く仲間となっていただきたいという想いがあります。

奨学金の詳細はこちら

PageTop