水島協同病院とは?

患者に向き合い、地域に向き合う「医師」を育てるために。豊富な症例、実践的な指導。医師への第一歩を踏み出すにふさわしいステージが待っています。

人口9万人を抱える水島地域の中心病院。
二次救急指定病院として、水島地域の救急搬入の約半数が集まります。

標榜科目

  • 内科
  • 外科
  • 整形外科
  • 小児科
  • 泌尿器科
  • 皮膚科
  • 精神科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 麻酔科
  • 脳神経外科
  • 産婦人科
  • 消化器科
  • 呼吸器科
  • 神経内科
  • リウマチ科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 腎臓内科(人工透析)

病床数・患者数

病床数 282床
一日平均入院患者数 237.7人/日
一日平均外来患者数 641.7人/日
一日平均救急搬送患者数 5.1件/日
一日平均救急外来患者数 20.3人/日

水島協同病院の歴史・成り立ち

  1. 1953/08水島医療生活協同組合創立(組合員302名)
  2. 1953/10水島診療所開設(職員3名)
  3. 1956/04水島協同組合病院開設(25床)、水島診療所廃止
  4. 1958/06水島協同組合病院増築工事完成(55床)
  5. 1963/04協同病院に名称変更、第1期工事完成(170床)
  6. 1966/08協同病院、第2期工事完成(258床)
  7. 1974/01人工透析開始
  8. 1977/01水島協同病院に名称変更
  9. 1977/11「倉敷市医療生活協同組合」に名称変更
  10. 1982/10CT導入
  11. 1985/04内科教育関連病院
  12. 1985/11新築移転「総合病院水島協同病院」(320床)
  13. 1986/05「倉敷医療生活協同組合」に名称変更
  14. 1987/04倉敷市入院助産施設となる
  15. 1987/10ICU施設開設(1991年閉鎖)
  16. 1989/10シネアンギオ導入
  17. 1993/03特Ⅲ看護基準取得
  18. 1996/05MRI導入
  19. 1997/12外来オーダリング開始
  20. 1999/04厚生省臨床研修指定病院
  21. 2001/01マルチヘリカルCT設置
  22. 2001/09病院機能評価認定病院
  23. 2002/10体外衝動破砕装置導入
  24. 2003/05入院電子カルテ導入
  25. 2003/09倉敷医療生活協同組合全事業所で「ISO9001:2000」取得
  26. 2003/112対1看護基準取得
  27. 2004/10みずしま診療所開設・外来機能分離、医薬分業開始、外来電子カルテ導入
  28. 2005/11総合病院水島協同病院増改築工事完成、282床に減床(個室74室)透析34床
  29. 2005/12マンモグラフィ検診施設画像認定
  30. 2006/10さくらんぼ助産院開設
  31. 2007/07一般病棟7対1入院基本料
  32. 2008/07DPC対象病院
  33. 2009/01MRI更新(1.5テスラ)
  34. 2009/04画像システム(PACS)導入
  35. 2010/03透析室拡張(55床:一般48、外来個室1、透析可能病床6)
  36. 2010/07透析中央監視・透析液清浄化システム導入
  37. 2010/09内視鏡ファイリングシステム導入
  38. 2011/03透析室拡張(67床:一般60、外来個室1、透析可能病床6)
  39. 2013/10水島協同病院・みずしま診療所統合(みずしま診療所廃止)
  40. 2013/12卒後臨床研修評価機構(JCEP)認定病院
  41. 2014/07透析可能病床増床(12床)
  42. 2014/10非常用電源高架・多系統化・連動化
  43. 2015/05シネアンギオ装置更新
PageTop