だるまの会を行いました(2019.1.5開催)

2019/01/11


 1月5日(土)、だるまの会を開催しました! 「だるまの会」とは、6年前に始まった医師臨床研修センターの年明け恒例イベントで、今年度入職した研修医の国家試験合格祈願でお世話になっただるまの奉納&これから国試を控えた新研修医のだるまを頂きに神社へお詣りする企画です♪
 ちなみに、いつもお世話になっているだるまは「玉島だるま」といって、地元・倉敷市の玉島地区で作られています。玉島は西日本一のだるまの産地です。

 さて、だるまの会ですが、まずは夕方、倉敷・美観地区にある阿智神社へ初期研修医・上級医・指導医・院長・医学生研修担当事務のメンバで集合。例年は月末のお詣りですが、今年はまだお正月の雰囲気が残る中の参拝でした。無事にお守りやだるまをいただいた後に、心を込めて絵馬にメッセージを書き込み、合格祈願をしました。 そして、2018研修医の合格に力を貸してくださっただるまさんを無事奉納することもできました。
 その後はみんなで楽しく夕食を囲み、2019だるまの会は幕を閉じました。来年も新たなメンバを迎えてステキな会が開催できることを楽しみにしています☆

 ちなみに、毎年ひとり、病院からの呼出対応等で急きょ出席できない事態になるのですが、今年はまさかの、この記事を書いているわたくし研修担当Kでした…(涙) ひと月前から全員のスケジュールを押さえて、夕食会の会場をいろいろとサーチし、多分一番楽しみにしていたと思われる人が、インフルエンザ罹患のため泣く泣く欠席となりました★

(研修担当K)

PageTop